なりゆき屋工房の日々
出展情報、住み開き情報などをお知らせします。

2014年08月27日

てまとひま

9月に個展をします。
題して「てまとひま」展。

最近、私にとって陶芸はてまとひまに尽きると気づき始めた。

和歌山に来て、陶芸以外の農作業や保存食作りやなんかにてまとひまをかけることが、しばらく苦痛だった。
和歌山はおいしい。柿も梅もアホほど採れて、庭の草も野菜も次々と食べ頃を迎えるけど、
決してこちらの都合には合わせてくれなくて、振り回される日々。
でも気づけば、けっこう楽しくやっていたりして。なにしろおいしいから。
おまけにちくちく布巾を手縫いしてみたり、猫の首輪をつくってみたり、ヘチマたわしを作ったり
どうでもいいことにてまとひまを費やして、のらりくらり暮らしてる。

ひまはあるはずなのに、陶芸する時間がなんだかどんどん減っていき、
これでいいのか?私陶芸好きちゃうんか?私一体何者?
と悶々としたり、でも結局はあきらめてのらりくらり。
数年間、私、どうなるんかなーと内心困っていた。

これまでつくった自分の作品に救われたのかもしれない。
在庫を整理していたら、ふと自分の作品にいとおしさを覚えた。
どこに出しても売れ残る子はいるもので、それがなかなか在庫を圧迫していて、
見るたびため息がでてしまっていたけれど、そんなのにさえ。
それもどれも、私の手跡を遺していた。私がてまとひまをかけて作ったものだった。
作っていた時、私と土はひとつになっていたんだと思い出した。
それらがここに積もり積もって存在してるって、なかなかすごいなと思った。
もっと積み重ねていきたいと思った。
もっと陶芸にてまとひまをかけたいと思った。

今、陶芸にてまとひまをかける日々。
あいまに紫蘇でジェノベーゼ作ってみたり、砂糖漬けにしたり、塩漬けにしたり、
赤紫蘇、青紫蘇でどう作り分けるとおいしいかとか、あ、バジルも保存しなくては、とか
なかなかてまひまかかるけど、ま、のらりくらりやってます。


temahima_1.jpg

佐藤ゆき陶芸展 てまとひま

2014年9月13日(土)〜28日(日)※18,25は休み
月〜金 11:00-20:00
土日祝 11:00-18:00
木曜定休日

花音t-shirts livingにて
〒530-0015
大阪市北区中崎西1-9-6
TEL 06-4802-8488
http://hananetee.jp/


hanane map 2014.jpg





ラベル:陶芸工房SPROUT
posted by さとゆき at 23:51| 出展情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。